ONIONグループの
ブランドバンクプロジェクト

ONIONグループは、ONIONグループの運営する越境ECプラットフォームを軸としながら、その専門的なノウハウと強力なマーケティング機能により、ブランドの認知から購買まで、中国市場への新規参入を多数成功させてきました。
ONIONグループのブランドバンクプロジェクト

ONION(洋葱)グループの紹介

ソーシャルマーケット

ソーシャルマーケットとは、従来の通販サイトのような中央集中型のプラットフォームと違い、個人をユニットとして、ソーシャルツールを通じて商品の取引を行う、Omall発祥の新しいマーケティングコンセプトです。
ソーシャルマーケット
プラットフォーム

「Omall」&「CosyFans」は、ONION(洋葱)グループに属する自社経営プラットフォームです。2014年に開設した「Omall」は、中国最大の越境ECプラットフォームとなりました。2019年には「Omall」の総売上高は100億元を突破し、ユーザー数は1億1000万人、および、店長(ソーシャルバイヤー)は80万人に達しました。現在、CosyFansはアジア市場に参入しており、既にマレーシア、およびインドネシアにて展開中です。2020年にはタイ、カンボジアなどにも展開予定です。また、ONION(洋葱)グループは「FastCompany2019 中国の革新的企業ベスト50」を獲得し、中国最初のオンライン&オフライン総合デジタル企業と認められました。
Omall CosyFans

中国国内プラットフォーム戦略

「洋葱(Omall)」「京东(JD)」「拼多(pinduoduo)」は中国最大のソーシャルECプラットフォームとして、常に高品質で知名度の高いイメージを維持しております。偽物が多く流通するプラットフォームでは、どの店舗で購入すれば本物が届くのかは分かりませんが、Omallでは仕入からユーザーへのお届けまでをサービスの一貫としているため、ユーザー様が利用する毎に信頼性が増します。ONION(洋葱)グループが責任を持って商品仕入から配送までをご提供しているからこそ実現できる信頼性です。

オニオン東南アジア戦略

現在、東南アジアは未開拓市場であります。東南アジア地域の人口は拡大傾向であり、GDPも大幅な成長を見せ、電子商取引市場の規模の成長はさらに驚くべきものです。当社は東南アジアに「CosyFans」を構築し、営業展開を始めました。「Shopee」「Lazada」両社と戦略的な協力関係を締結し、ONION(洋葱)グループとして、プラットフォームリソース、物流、消費者へのマーケティングの仕組みを構築いたしました。メーカー様の東南アジア市場参入のお手伝いができる準備は整っており、東南アジアのユーザー様のご利用も爆発的に増えております。
CosyFans Shopee Lazada

オニオン戦略マップ

ONION(洋葱)グループの強大なネットワークとノウハウを駆使して、お客様のブランドに対し、そのステージに応じた最適なプロモーションを展開していきます。以下の図は、その一例となります。
オニオン戦略マップ

越境輸出ワンストップ解決プラン

現在、ONION(洋葱)グループは、中国の3つの総合保税区「広州白曇空港保税区」「広州南沙港保税区」「広西南寧保税区」に駐在しております。中国の各部門と提携し、オニオンサプライチェーンは「1パレット」の概念を実現しました。世界中の商品は保税倉庫に納められ、世界各地の様々な注文に従って発送されております。現在、ONION(洋葱)グループは、グルーバル共同事業で10以上の著名な電子商取引企業と協力しております。
越境輸出ワンストップ解決プラン

日本から中国への直送物流サービス

日本から中国への直送物流サービス